前へ
次へ

土地活用は場所によって違いも

土地活用で誰もが考えることになるのが、アパートやマンションを建て家賃収入を得ると言うことだと思われます。
最近ではただのマンションではなく、介護を要する人のための住まいを提供することも多くみかけるようになりました。
そこには高齢者を介護する施設が、普通に街の中にも広がって来ていると言う証であり、高齢化社会を象徴しているものとなっています。
これらアパートなどの住まいを建てることメリットには、毎月確実に収益を上げることが出来ることになる上、固定資産税や都市計画税などの節税にも繋がります。
今では年金生活では苦しいと言う人が、退職金などを利用してアパート経営に参画する人も多くなっています。

誰が見てもわかってしまうほどの魅力のある絵
棟方志功作品をご紹介しております

福島市 英会話
当スクールではプライベートレッスンやグループレッスン・英検対策やキンダーレッスンを行っております。

アリバイ会社の利用をお考えの方はこちら

日本画を売るなら東京の専門店
高価買取のギャラリー双鶴にお売りください

ですがデメリットも存在することを忘れてはいけません。
良い立地条件であっても年数が経つことで、入居希望者が少なく恐れがあることです。
ポピュラーンな仕事ゆえ、誰もが参画したくなるのがアパート経営で、競争も激しいと言う覚悟が必要になり、常に綺麗な外観を装うなどの工夫も必要になって来ます。
アパートやマンション経営に興味があるが、資金がないと言う人は駐車場の経営が似合うと思われます。
銀行などからお金を借りてでもアパート経営をしたくないと言う人は、少ない資金で行うことが出来る仕事になります。
月極駐車場にするにはアスファルトにして、白線を引くだけで行うことが出来ることになり、すぐにでも出来る商売です。
また立地によってはコインパーキングと言う方法もあり、専門に行っている会社に相談を持ち掛けることも良い方法になります。
土地活用の最後の手段となるのは、土地の売却です。
持っている土地によっては有効な手段が考えられないと言う人には、土地を手放すと言う方法を考えるべきです。
持っていても税金がかかるだけの負の遺産となってしまうからです。
特に田舎にある場合では、過疎化がさらに進むことも考えられ、早めの処理が最善策となることが多くなっています。

Page Top